グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2010年08月31日

叫んでもいいですか?


ゴーヤ。


ドーヤ!


ドーヤ!!


ドーーヤァー!!






ついつい叫んでしまいたくなる野菜です(笑)。


苦味をやわらげようと、
かぼちゃと一緒に炒め、
カレー粉を入れて、
カレー炒め。

刻んで塩もみしたものを
酢飯とあえて、
ひじきと小豆も一緒にいれて、
ゴーヤご飯。



ドーヤ?

(笑)。。

ゴーヤのシャッキリ感が私は好きです。

まだ4本あるゴーヤ。
今日のご飯もゴーヤかな。。

休み明けの今日、
シャッキリモードでがんばります。  


Posted by とちの実 at 08:19Comments(0)野菜のこと

2010年08月30日

ぜいたくなこと。

ぜいたくなこと、

朝一番でコーヒーショップに行くこと。


お休みの日は、
ときどき、
起きて一番にささっと着替えて、
めがねのままコーヒーショップに行きます。

朝から午前中にかけてのコーヒーショップは、
空いているから好きです。

周りの雑音が入らず、
コーヒーの香りと、店内に流れる音楽で満たされる、
至福の時間。

風呂上りのビールに匹敵する、
朝一番のコーヒーの時間。

午後に行くと混んでいることも多いけれど、
平日の午前中というみなさんお仕事中のこの時間。


そんなときに、
ゆっくりコーヒーを飲んでいるなんて、
なんて贅沢。

そして、
人にコーヒーを淹れてもらうなんて、
なんて贅沢。。


お休みの日の、ぜいたくなこと。


自分の時間を持てること。。。  


Posted by とちの実 at 08:58Comments(0)徒然なもの

2010年08月29日

9月の予定

もう8月も最終週です。
でも、この暑さのせいか、9月に向かっている気がしませんが、
今週からは9月です。

なので、9月のお知らせです。


<9月の店休日>

9月6日(月)
  13日(月)
  20日(月)、21日(第3火曜)
  27日(月)

です。

あと、9月の朝市は、
9月4日、土曜日の夜に、『夜市』として開催されます。
いつもは第一日曜日なのですが、
今回は土曜日&夜市になりますので、ご注意ください。

ちなみに、とちの実は欠席です。。
ごめんなさい。。。

次回の10月には、出店できる予定ですので、
少々お待ちくださいませ。。


あと、先日のブログでも載せましたが、
9月5日は『FARM』というイベントがあります。
とちの木でも、チケット販売してます。

同じ日に、榛名湖畔で『森のフリマ』があります。
フリーマーケットで、オーガニックバスさん主催です。
まだ出店者も募集してらっしゃるそうなので、
「群馬 オーガニックバス」で検索してみてください。

9月19,20日はハルナマルシェが開催されますし、
9月もイベント盛りだくさんですね。

イベントはだいたい土日なので、
自分が出店しない限り行けないとちの実ですが、
みなさんの楽しそうなお顔を想像して、家業にいそしむとします。。(笑)

暑い夏も、あともう少しです。
収穫の秋を楽しみましょー。

はやく秋風に吹かれて黄昏たいものです。。(笑)
  


Posted by とちの実 at 09:14Comments(0)お知らせ

2010年08月28日

ズッキーン。。ニ

昨日に引き続き、野菜ネタです(笑)。

大きなズッキーニと、
丸いズッキーニが手に入ったので、
ちょっとお絵かきしてみました。。

わかりづらいけど、
水溜りも含めて、
犬です。




泣いてます。。





丸いズッキーニを料理するため、
カットしたところ・・・

笑ってます。。



ちなみに、この丸いズッキーニは、
半分は煮物に、半分はフライにして、
すべて我が家の胃袋に収まりました。

冷蔵庫には、まだまだたくさんのズッキーニがあります。
揚げてみたり、サラダに入れたり、塩もみしたり、
すりおろしてパンケーキを作ったり。。

いろんな食べ方をしているのですが、
最近家族からは「ズッキーニはもういいよ。。」
と言われてしまい、
ズッキーン。。。(泣)

ズッキーン。。二なのでした。

ちなみに、ちなみに、
ズッキーニはかぼちゃ科の野菜です。
料理してみると、確かに、かぼちゃ系だな。
  


Posted by とちの実 at 09:18Comments(6)野菜のこと

2010年08月27日

ピーマンの収穫

キッチンにて、ピーマンの収穫をしています。

なぜなら、ピーマンが枝ごと搬送されたからです。

風で枝ごと取れてしまったのです。。
けっこう実がなっていたので、
探しながら、はさみでチョキチョキ。。

大きいのもあれば、小さいのもあり、
おもしろいです。

ピーマンからすれば、
突然枝ごともがれてしまった状態。

成長途中のピー子から
「まだだったんだよ~」という声が聞こえてきます(笑)。


収穫終了。

けっこうたくさんついてたんだね。

ピーマンと一緒に
ピース(笑)。

本当に小さくてかわいいです。

この子たちをどうおいしく食べてあげようか。。。

作業の効率もちょっと考えて、
やっぱり、ここは、ピーマンの丸焼きがよろしいかと。。

ピーマンのうまみが中に凝縮されて、
おいしいのです。
種だって全部食べれちゃいます!

ということで、
今日のおかずはピーマンです。

  


Posted by とちの実 at 08:23Comments(0)野菜のこと

2010年08月26日

チケットあります☆

9月5日にハラミュージアムアークで開催される、
『FARM』というイベントご存知でしょうか?

以前ブログでもご紹介した、
ハラミュージアムアークという群馬にある美術館で開催される、

F=Food
A=Art
R=Relax
M=Music
というコンセプトのステキなイベントです。


・前売券  1200円(大人)、600円(子ども)
・当日券  1600円(大人)、800円(子ども)

ということもあって、
「前売り券どこで手に入りますか?」
というお問い合わせをちらほらいただいていました。

だったら、
「うちでも少しチケット置いてあったらいいんじゃない??」
ということで、
本日よりチケットのお取り扱いを始めます。

「ぜひ行きたい!」
というお客さまは、お声がけください☆


それにしても、今日も暑い一日になりそうです。
昼間の暑さのせいなのか、昨日の夜はすごい雨と雷でした。
犬たちは怖くて眠れず震えていたので、
うちの玄関の中で寝ました。。(苦笑)

9月のアタマまで暑いという天気予報ですが、
ハラミュージアムアークさんの辺なら、
少し涼しいかもしれません。

なんとかこの暑さを乗り切っていきましょー。
  


Posted by とちの実 at 08:30Comments(2)徒然なもの

2010年08月25日

自然体?

昨日、雑誌をぱらぱら見ていたら、
こんなことが書いてありました。

「いま、人は、”自然自然”ってがんばって、努力して、
自然体になっている。
でもそれは、本当の意味では自然体じゃないんですよね」

と。

たしかにそうだな、と。
ちょっと、ドキッとしました。

このところ私が直面している、
「考えること」と「感じること」の関係性にも似ている気がして、
なんだかこの文章が、妙に自分の中に残りました。


確かに、自然体っていうのは、
意識してすることじゃないんだろうし。

本当に自然体の人は、
自分が自然体だなんて思ってないんだろうし。

人から言われて、
「ああ、そういえば、私って自然体で生きてるかな。。」
くらいのもんじゃないかと思います。

自然体。。とは?

辞書を引いてみると、

自然体:①柔道で、無理な形をとらず、ごく自然に立った姿勢。
     ②ものごとに、特定の意図をもたずに対処すること。

ちなみに、
自然:①人工の加わらない、そのままの状態。
    ②本性、天性。
    ③認識の対象となる、外界のいっさいの現象。

「自然体」と「自然」というのは、
微妙に意味がちがうんだなと思いました。

自然体というのは、
自然なままの自分で、無防備に、本性をさらけ出すことではなく、
自分がもっとも強い状態というか、
自分がもっとも力が発揮しやすい状態でいることをさすのかなと
思いました。

”自分という自然”を内包したうえでの、”自然体”。


生きることはある意味、”闘い”です。

”自然”な自分ではなく、
”自然体”の自分で生き抜いていこうと、
少しおなかに力が入りました。  


Posted by とちの実 at 10:34Comments(0)徒然なもの

2010年08月24日

感じること

このところ、考えていました。
考えてばかりいました。

考えて、考えて、考え抜くことで、
答えが見つかるような気がして、
とにかく考えていました。

昨晩、とても怖い夢を見ました。
怖くて目が覚めました。
夢の中で、雪が降ってきました。

ふと、思いました。

”考え過ぎているのかな”。

考えることに疲れていました。
感じることを忘れていました。

考えるばかりで、感じられなくなっていました。

暑さでアタマをやられたことにして、
考えることから離れてみようと思います。

”感じること”に素直になって過ごそうと思います。


昨日は、月がとてもきれいでした。


  


Posted by とちの実 at 07:39Comments(2)徒然なもの

2010年08月23日

埋められた。。。

先日ブログで公開した、
ミルちゃんの掘った穴。

母の手によって、埋められました。。

写真だと少々わかりづらいのですが、
上に大きな石を置き、
掘れないようにしてあります。

なぜなら、
危険だからです。

父も母も、そして私も、
落ちました。

危険です。

昼間はいいのですが、
夜は穴があるとわかっていても、
落ちてしまうのです。

ここだけでなく、
他にもいくつか穴掘り場所があるので、
通行量が多いここだけは埋めさせてもらい、
違うところで思う存分掘ってもらいたいと思います。

でも、ミルちゃん的にはこの穴が好きなのか、
石のまわりをせっせかせっせか掘っています。
そのうち、この石をひっくり返しそうな勢いです。

それならそれで、しょうがありません。。。

穴掘りの好きなミルちゃんでした。  


Posted by とちの実 at 08:08Comments(2)徒然なもの

2010年08月22日

『かけがえのないもの』

このところ、私のバッグに入っている本の題名です。

養老孟司さん著作:『かけがえのないもの』です。

ここに、聞き捨てならない文章がありました。

「田舎が世界に移り、日本全体が都市になってしまった。
こういう環境になると、明らかに女の人の方が損をします。」

と。

女性が損をするですって?!

その理由として、
「いくら都市化しても、本来人間が持っている自然は、女性のほうに強くあらわれる。
そして、”ああすればこうなる”でいかない自然を持つ女性が
どうしても割を食うことになるわけです」

と。

現代は、”女性が損”をして、”女性が割りを食う社会”だとおっしゃるのです。
聞き捨てなりません!!

養老さんの本はほとんど読んでいますが、
彼が著作を通じていつも書いているのは、
現代が「都市化した社会」だということです。

そして、「都市化とは自然を排除すること」だと書いています。

なぜ自然を排除するようになったのかというと、
自然は、予測不能であり、
人間がコントロールできないからで、
人間にとって、自然というのは、
美しいだけでなく、恐ろしいもの、不気味なもの、醜いものも含んでいて、
人間の意思ではどうにもできないからであると。

だから、人間の意識は、自然は”嫌だ”と排除してしまうんだそうです。

そして、そうやって出来上がってきたのが、
現在の「都市化」された社会なのだというのです。

確かにそうかもしれません。

冒頭に書いた、
女性が損をし、割を食うというのは、
養老さん曰く、

「都市ができると”女・子ども”という概念ができて、
女・子どもというのは、基本的により自然に近い人である。

女性は、月経・妊娠・出産があり、高層ビルで働いていても、
おなかが大きくなるのは避けられない。

男性は女性ほど左右されない。
それがおそらく都市化の中での
男性中心社会の基本的な始まりであったと思われる。」

と。

規則正しく、予定通りにコトが運んでいくのを前提に作った人間のルールは、
自然には通用しません。
それじゃ経済は回っていかんと、
自然を排除してきたわけですが、
そんな社会はもう行き詰っているのだと思います。

「女・子どもは勝手だ」なんていう人がいますが、
確かに自分の都合で変化するので、勝手かもしれませんが、
見方を変えれば、自然なだけなのです。

人間は、自然の一部なのです。

この本の中では、
「輸出入に頼って暮らすことも、都市のやり方だ」
と書かれています。

”ああすればこうなる”
つまり、
”お金を出せば買える”
という感覚。

私たちの生活にずいぶん染み付いてしまっているような気がします。

でも、これからは、
”ああすればこうなる”
から、
”ああすればどうなる?”
へ、
だんだんと変わっていくのかもしれません。

先が見えた方が安心するけれど、
わからないから人生が面白いってこともあります。


都市化が男性中心社会の始まりであるなら、
女性が中心になって社会に働きかけていくことが
”自然化”の始まりになるのでしょうか??

別に、”女性中心社会”の到来を待ちわびているわけではありませんし、
女性の地位向上を求めているわけでもありませんが、
自然を取り戻していくために女性の力が必要なのであれば、
がんばらにゃーあかんな、と思ったりしています(笑)。

ちなみに、
ブータンなんかの自給自足をしている村へ行くと、
財産なんかを相続するのは女性で、
男性は出たり入ったりするだけなんだそうです。

権力とかそういうことじゃなくて、
自然の理として女性が中心に回っているのかもしれません。

女性が割りを食う社会から、
女性が笑い食べる社会へ。

女性のみなさん、がんばりましょー(笑)。

男性のみなさん、サポートよろしくお願いします。。

でも、たぶん、そんな社会の方が、
楽しいんじゃないかと思ったりしています。。
  


Posted by とちの実 at 11:24Comments(0)徒然なもの

2010年08月21日

また暑い。。


今日は暑いです。

今日も暑いです。

犬も少しでも涼を求めて、
日陰で寝てます。



そりゃそうです。

暑くて当たり前です。





こんなに毛が生えているんですから。。


そういえば、
この犬、
毛が抜けなかった。

普通は、夏毛に切り替わるために、
毛抜けがあるんですが。。

もう、おばあちゃんだからか?

老化現象か?

どっちにしろ、暑くてかわいそうです。。


もう一匹は、
涼を求めて、
穴掘りをしています。

土の中は、
冷たくて気持ちがいいようで、
掘った穴に、
身をうずめています。

気づくとどんどん穴が大きく深くなっていて、
ときどき、私が落ちます。。

危ないです。
冷や汗がでます。。



顔も総動員で穴を掘るので、
泥をはらってあげても、
顔が黒いです。

この犬は、
真っ白できれいだったから、
ミルクのようで、
”ミル”と名づけたのに、
今ではその面影はありません。。


でも、しょうがありません。
犬も、必死なのです。

それにしても、暑いです。  


Posted by とちの実 at 10:28Comments(2)徒然なもの

2010年08月20日

現在窮乏、将来有望。

昨日、風呂上りにビールを飲みました。
最近、自粛してたんですけど。。。

昨日焼いたクッキーのはじきが手元にあって、
見ていたら、
クッキーが私に向かって、
「食べて、食べて~」と話しかけてくるので、
無視するのも忍びなく、口に入れました。

そしたら、遠くの方で、
「やっぱ、ビールでしょー。
飲んじゃってくださいよ~」
と生ビールサーバーが私を呼んでいます。

なので、昨日は、食べて、飲みました(笑)。

そんな風呂上りの一杯を楽しんでいたら、
隣で父がテレビを見ていました。

「ルビコンの決断」という、テレビ東京の番組で、
企業の紹介や、秘話なんかを放映している、
経済系?の番組のようです。

昨日は、航空会社(全日空)の話でした。

「現在窮乏、将来有望」

その会社の創業者が、
会社を立ち上げるときに言った言葉です。

いい言葉だなと思いました。

「うちのようだねぇ。。」
と私が話しかけると、

「うちか?うちは違うだろ~。
うちは、”現在窮乏、将来絶望”だろ~」
と笑いながら父が返してきました(苦笑)。

とほほ。。

今は苦しくても、未来はあるさ♪

そう前向きに考えようと努力する私に向かって、
異様に臭いおならを連発。

絶望的だ。。。

萎える私でした(苦笑)。


でも、ホントは、「現在窮乏、将来有望」。
逆境に負けてはいけないと思いながら、
鼻を手でふさぎ、眠りに落ちたのでした。。

今朝の寝起き、気分がすぐれないのは、
昨夜の異臭騒ぎのせいだろうか。。。

今日も一日、がんばりたいと思います!  


Posted by とちの実 at 08:16Comments(2)徒然なもの

2010年08月19日

クラオ君のおともだち

オクラクラオ君のともだちの、
オクラノビタです。

妹のノビヨです。

ブログに紹介されるといったら、
父と母も一緒に行きたいというので、
連れてきました。

父のオクラノビヘイと、
母のノビコです。

父と母は仲良しで、
いつでも重なり合い、交差しています。

僕も両親のように、
仲の良い夫婦になりたいです。

そのためにも、もっと大きく、長く伸びて、
強いオクラになりたいです。
僕がもっと大きくなれば、
大事な彼女を守ってあげられるからです。

彼女にそうに言ったら、
”お互い”大きくなれるようにがんばろうねと言ってくれました。
お互いが成長することによって、
重なり合い、支え合う部分が増えるんだそうです。

僕もそう思いました。

僕と彼女はコンパスの針と一緒で、
お互いが伸びることでより大きな円が描けるような気がします。

苦しみや悲しみも包み込むような大きい円を
二人で描いていけたらいいなと思います。
そして、その円が笑顔でいっぱいになるような、
”円満”な家庭を築いていきたいです。

父が、今年はとても暑いので、
まだまだ、ぐんぐん大きくなれるぞ!と言っていました。

太陽をいっぱい浴びて、
熱中症にならないようにいっぱい水を飲んで、
大きく強くおいしくなれるようにがんばりたいと思います。  


Posted by とちの実 at 08:53Comments(0)野菜のこと

2010年08月18日

新聞掲載!

昨日、
いつもお世話になっている、
”百姓を目指す修行生”こと、
榛名心根農園の紋谷さんが
地元紙である上毛新聞に掲載されました。

『循環型の生産目指す』と題して、
会社員を辞めて新規就農するいきさつや、
どんな想いで農業をやっているのか、
どんなカタチでやっているのか、
上手にまとめられた記事でした。

「”植物や土が本来持つ力を引き出す農業を
心がけている”と話す紋谷さん」
と写真入りで紹介。


直接的に関わっている人や、
自分が応援している人が紹介されると、
やっぱり、ちょっと嬉しいものです。。

たまたま栃木から食べにきてくれていた友人に、
「見て見て~!」
と新聞を広げてしまいました(苦笑)。

メモ欄に、
「市内の飲食店や、無農薬野菜専門の八百屋や直売所に出荷。
個人消費者向けに少量多品目野菜の配達も行っている」
とあり、
”市内の飲食店”って、とちの木も入るよね~と
ひとりつぶやいていました(笑)。

一生懸命作ってくれた野菜や卵たち。
そのおいしさを引き出す料理ができるように、
頑張ろうと思います。

  


Posted by とちの実 at 08:02Comments(2)徒然なもの

2010年08月17日

5ヶ月。。。。。

お盆休み、明けました~。

今日から、また新しいスタートだな!と思ってカレンダーを見ると、
ブログを始めて5ヶ月目となりました。

なんだか、嬉しい(笑)。
先日のブログで書きましたが、
「5」という数字は、なんとなく好きなのです。

やっぱり、ゴーゴー!(55)
だからでしょうか。。。

ちなみに、松井じゃないですよ。。

日々の決まったサイクルの中で生活していると、
”どうしてもできないこと”というのがあります。

先送りしてしまうことや、
見て見ぬふりをしてしまうこと、
または気づかずに通り過ぎてしまうこと。

ある人が、
「正」しいという字は、
「一」度、「止」まると書くんだよ。

と、おっしゃっていましたが、
時の流れに身をゆだね、流されながらも、
時折立ち止まって考えることの必要性を感じています。

一度止まって、正面から向き合うこと。

みんな無意識にも、自分が”正しい”と思っている方向に進み、
それぞれの道を歩んでいるわけですが、
ふと気づくと、自分が想うその道をはずしてしまっているということは
よくあることです。

時折立ち止まって、軌道修正をしないと、
自分が正しいと思っている方向に進めないのかもしれません。

ちなみに、
「正」という字は「5」画です。
ブログを始めて「5」ヶ月です。

こじつけのようですが、
「5」という数字は、自分にとって、
ひとつの節目や、きっかけとなる数字かもしれないと思っています。

このタイミングに4日間お盆休みをいただき、
少し立ち止まって考える時間が持ててよかったです。
ありがとうございました。


そして、今日からお店がスタートです。
さらにパワーアップして、頑張っていきます!
よろしくお願いします!!  


Posted by とちの実 at 07:34Comments(0)徒然なもの

2010年08月16日

うちわの話

ごくうちわの話ですが、
このお盆中に家族会議をしました。

名古屋の姉が帰省し、
アメリカの姉とも電話でつながり、
久しぶりに全員そろっての会議です。

お互いのこと、
これからのこと、
いろいろと話合いました。

私自身も、
自分が思い描いているもの、
自分がしようと思っていること、
正直に話しました。

家族はチームです。

一緒にいてもいなくても、
血をわけたチームです。

でも、それぞれ、
考え方も違えば、
思い描いているものも違って、
新しい家族を持ったり、状況が変化したり、
いろいろです。

それぞれの道を進みつつも、
互いにエールを送り合いながら、
W杯の召集がかかれば結束して戦う。

そんな感じで進んでいけたらいいなと思いました。

そして、これは愛用のうちわです。

内輪の団扇。
うちわつながりです(笑)。

冷房だとカラダが冷えすぎてしまうので、
なるべく団扇です。

今年はステキな団扇をいただきました。

そよそよと、
いい風が吹いてきます。

私たち家族にも、
いい風が吹いてくることを
祈ります。。。  


Posted by とちの実 at 08:24Comments(0)徒然なもの

2010年08月15日

戦後65年。

今日は、終戦記念日です。
いろいろ思わずに、いられません。

昨日、倉本聡脚本の『帰国』というテレビドラマを観ました。
ドラマでは、戦争で死んでいった”英霊”たちが、
現代にやってきて、現代を目の当たりにします。
そして、「何を思うか」を表現したドラマでした。

戦後65年。
戦争が終わってから、まだ65年。
たった65年しかたっていないのです。

65年前と、ずいぶん変わったことでしょう。
私は戦争を体験していないけれど、
戦争の資料や手記などを見ると、
ずいぶん変わったように感じられます。

どう変わったかといえば、
”急速に都市化”したのです。

豊かさを手に入れるために、
なりふりかまわず、
自然のものを、
自然なことを排除してきたのです。

それは、緑の木々や、きれいな海や川といった自然だけでなく、
私たち”人間自身の自然”も大きく排除してきたように思います。


ドラマの最後に、
「これだけ豊かになっても、まだ不満なのか!」
と英霊が現代人に対して怒る場面があります。
それに対して、現代を取材している記者が
「不満というのとも違うと思います。。」
と答えます。

そうなのです。

私たちは、豊かさを求めている。
確かに、物質的には豊かな世の中になっている。
豊かさが足りなくて不満なのではなくて、
こんなに豊かになっているのに、なぜか豊かであると感じられない。

豊かさを求めて頑張ってきたのに、
自分たちの意思とは違うほうに、
なんとなく流れていってしまっている。

なぜだろう。。

おそらく、
”自然”と引き換えに”豊かさ”を手に入れてきたからではないかと思います。

自然なくしては、豊かに生きられないのに。
自然な自分でなければ、”幸せ”を感じられないのに。


本当の豊かさとは何か。

「現代人は”豊か”と”便利”をはきちがえている!」
とまた先の英霊が叫んでいました。

「きさま、”便利”という言葉の意味がわかるか!」
と。

「”便利”とは、怠けるということだ。
カラダを動かして汗をながさず、楽をするということだ!」
と。

平和を実現するキーワードは、”自然”だと思いました。

自然という環境と共生していくこと、
自然の一部である人間と共存していくこと。


8月15日。

歴史を振り返り、
未来に想いを馳せながら、
現在を直視する。


気持ちがひきしまる、良き日となりました。

  


Posted by とちの実 at 10:29Comments(0)徒然なもの

2010年08月14日

再会

昨日は、大好きな先生と
2年半ぶりくらいに再会しました。

お昼から、気づいたら約7時間。
延々としゃべり続けていました。。

帰ってこない私に、
家族から電話が入り、
「あらもう、こんな時間!」
と会はお開き。

よくもまあ、そんなにしゃべることがあるもんだと言われますが、
あるんです。
尽きることなく、あるんです。

私が敬愛する先生の口癖は、
「想いよ」
です。

その人の”想い”が、
未来を創っていくのだと、
結果をもたらすのだと、
いつもおっしゃいます。

そして、先生自身が、
常に前向きに、向上心をもって、
自ら実践されています。

先生のような年の取り方をしたいものだと
いつも思います。

先生とお話していると、
ココロの中に、何か熱い情熱的なものが生まれてくるのですが、
その熱さに比例するように、冷静に物事を考える自分が出てきます。

HOT&COOL。
やはり、バランスが大事なのかもしれません。

”想い”は絶対必要なものだけれど、
”想い”だけでは前に進みません。
その先の結果をだすためにどうしたらいいのか。

自分にできることと、できないこと。
具体的な道筋を立てていくこと。
だめなら、その原因を見つけ出し除去すること。

なんだか、未来に希望を抱いた再会でした。
人と会う時間を大切にしたいものだと思いました。


今朝起きて鏡を見たら、顔が心なしか小さくなっていました(笑)。

なぜだろう。

昨日は、ランチは中華、夜は焼肉。
重いものをたくさん食べたのだけど。

しゃべって発散し、たくさん笑ったせいでしょうか。。。
それとも、気のせい。。(苦笑)  


Posted by とちの実 at 10:24Comments(0)徒然なもの

2010年08月13日

お盆休み

本日よりお盆休みをいただきます。

8月13日~8月16日
の4日間です。
8月17日(火)から営業します。

お盆とか関係なく、働いていらっしゃる方もいるのに、
4日間もお休みいただいてすみません。。

よろしくお願いいたします。。


いつも診てもらっている先生が
「8月の中旬というのは、ちょうど夏の疲れがたまってくるときなので、
この時期にお盆休みと称して休みをとるのは、理にかなったことなんですよー」
とおっしゃっていました。

今は、休みというとどこかに旅行にでかけたり、遊びに行ったりするのが
一般的な休みの過ごし方のようになっているけれど、
本来は、夏の疲れを癒し、活動的になる秋に向けて、
カラダの準備をするときなんだそうです。

だから、昔の人は、”お盆休み”と称して、
ご先祖さまをお迎えし、
普段は忙しさにかまけて忘れてしまっているようなことに思い巡らせながら、
休息をとっていたのかもしれません。

自然とカラダのバランスにおいて、
多少の”お盆休み”は必要なようです。

だからというわけではありませんが、
今回のお盆休みは遠出をせず、群馬で過ごす予定です。

今回は、会いたい人が群馬にみんな来てくださるので、
群馬にてホスト役を務めたいと思います。

飲みすぎ、食べすぎ、しゃべりすぎ?(苦笑)を注意して、
楽しく、おいしく、のんびり過ごそうと思います。

みなさまも、
まだ暑さ厳しき折、
無理をせず、お身体ご自愛いただいて、
実り多き秋を迎えられますようお祈り申し上げます。
  


Posted by とちの実 at 07:52Comments(0)キッチンとちの木のこと

2010年08月12日

おはぎ

お盆なので、
おはぎです。

ブログにアップするのを
忘れていました。。

本日、出来立てのおはぎです。

自家製のあんこたっぷりの、
どっしり重たいおはぎです。

お盆といえば、
うちは、いつもこれです(笑)。

1ヶ 130円。
本日のみ、店頭にて販売しております。

よろしければ、おひとつどうぞ☆  


Posted by とちの実 at 11:21Comments(3)キッチンとちの木のこと

2010年08月12日

ボーナス!

自営業者にないもの。

ボーナス。。。

もう、忘れてしまった。
ボーナスがいつもらえるのか、
ボーナスでいくらもらえたのか。。

なので、
たくさんナスが採れる時期なので、
自分にボーナス(笑)。

ただ、ナスに棒を刺しただけですけど。。(苦笑)




ナスは本当においしい!

パスタ屋さんに行って、
「ナスとトマトの・・・」とつくだけで、
つい注文してしまいます。。

最近は、ナスの揚げ浸しが多いかな。
あと、炒め物とか、
さっぱり蒸しナスもいい。
天ぷらもいいし、
おしんこにしてもおいしい。

ちなみに、昨日の夕飯はナスの天ぷらでした。


そして、明日から、とちの木&とちの実、お盆休みです。
現金支給はありませんが、
お盆休みがボーナスのようなものかしら。

とりあえず、
景気づけに、
ボーナスの画像をお届けしました(笑)。
  


Posted by とちの実 at 08:17Comments(4)徒然なもの

2010年08月11日

口ずさむ歌

「生きている~不思議、死んでいく不思議♪」

最近、『千と千尋の神隠し』の主題歌だったこの歌を、
なぜか口ずさんでしまいます。

この歌詞の作詞は、詩人の覚和歌子さんです。

『ゼロになるからだ』という本を出版されていて、
その中の一遍の詩を読んだら、
不覚にも、なぜか、涙が出てきてしまいました。。

「からだ」

うたを歌うための声だろう
演説するための声でなく
歌にすませるための耳だろう
何もかもと聞き逃さないための耳ではなく
いとしい耳たぶをなぞるための指だろう
おいつめるためにさす指ではなく

ただダンスのための手足だろう
何かにしがみつくための
ナイフを握るための手ではなく
かかえこむための膝ではなく
踏みつけるためのかかとでなく

空に立てた指に 風を感じるための皮膚だろう
花びらをうけとめるための両肩だろう
キスするためのくちびるだろう
キスされるための頬だろう

ひとつひとつが
まちがいなく役割どおりに使われて
はじめて 生かされるからだだろう

朝焼けを見るための あなたの瞳だろう
たとえどんなに この夜が長く続くとしても


読んだあと、
なんだか、
カラダと詩が一体になる感じがして、
感動というのはこういうことかもしれないと、
思ったんでした。。(照)

”生きている不思議、死んでいく不思議”。
本当に不思議だなと思います。

生きている意味も、死んでいく意味も、
本当はなくて、
ただ、このカラダを生き、死んでいく。
それだけなのかな。
野に咲く花や、
畑に植わっている野菜と、
結局のところ一緒なのかな。

このカラダを与えられたのは偶然にしても、
いつか死んでいくのは、必然。

つまり、

自然。

私はついつい、
「人はなぜ生きるのだ」
なんてことを考えてしまうけれど、
自然に、自然と、
生きていけばいいのだと思いました。

”自然の分身”である”自分”を。
自然に、自然と。

そうやって生きるのは、難しいことなのでしょうか。。

でも、
それは、
頭で考えることではないのかもしれません。。

人間は、いろいろ理由付けしようとするけれど、
明解な決まった答えがないから、
”不思議”なのですね。  


Posted by とちの実 at 08:33Comments(2)徒然なもの

2010年08月10日

愛らしいもの

肉球。

昨日、散歩から帰ってきた後、
見せてもらった。

そして、撮らせてもらった。

ぷにぷに感がなんともいえず、
愛らしい。。

爪もちゃんと生えている。


肉球とはなんぞやと
調べてみると。。


<肉球>
動物の足裏部に見られる、盛り上がった無毛の部分の名称。
正式には蹠球(しょきゅう)と言うが、
肉球の一部を指す「掌球」との混同を避ける目的もあり
一般的に肉球と俗称される。

掌球(しょうきゅう) :前足の裏、中央に位置する大きめの肉球。
指球(しきゅう) :掌球の外側に5つ並んだ肉球。
1つは他の4つと離れて位置しており、これが人間の親指に相当する。


私の指の近くにあるのが、
親指ということか。。

押すとぷにぷにとした独特の触感がある。

うん、確かに!

外側は角質層が厚くなったもので覆われており、
地表の突起物による負傷や磨耗から足裏を保護する。
表面は顆粒状になっており、平滑面でも滑らずに歩行できる。

確かに、つるつるしたところでも、
ちゃんと歩いてるな。


角質層の下部は、脂肪を含んだ弾性線維が網目状になっている。
肉球の周囲には大きく発達した汗腺がある。


ってことは、肉球のまわりに汗かいてるってことか?

色や模様、形状、柔らかさなどには個体差があり、
生息する環境に合わせて変化する。
例えば、野生のネコの肉球は、
室内で飼育されているネコに比べて厚くまた硬くなっている。

怪我をした際縫うことは非常に困難である。

ガラスの破片とかに気をつけないとな。。


<役割>
獲物に接近する際に気付かれないように足音を消す働きがある。
また、歩行時や樹上などから飛び降りる際の衝撃を緩和する役目もある。



なるほど。
勉強になりました(笑)。  


Posted by とちの実 at 08:58Comments(0)徒然なもの

2010年08月09日

アグレコ「夕刊」

アグレコ8月号、店頭に届きました。

今回は「夕刊」。
いつもより少し小さく
持ち運びやすいサイズです。

発行者が「”夕刊”て、”タモリ”に見えるよね」と
つぶやいていましたが(笑)、
タモリといえば、「笑っていいとも!」ですよね。。

「笑っていいとも!」といえば、
ひとつ思い出したことがありました。

先日、親子ともどもお世話になっているおすし屋さん、
『登志鮨』(としずし)さんが、
笑っていいとも!に出たのです!!

といっても、『登志鮨』さんのブログで拝見しただけなので、
テレビは見ていないのですが。。

『登志鮨』さんは、
とても情熱的で、勉強熱心で、先進的?(という表現でいいのかな・・)なおすし屋さんで、
寿司を使った「寿司グラタン」というのを作っていて、
それが、「脱線グルメ」として取り上げられてのご出演だったのです。

ブログとかもやっていて、
その写真がプロ並みに上手なので、
見るとついつい「お寿司食べたーい!!」
という気持ちになってしまいます(笑)。

「寿司 群馬」で検索すれば、
トップに出てくると思います。

職人肌のお寿司屋さんで、
お話をうかがっていると、
感じることや、勉強になることがたくさんあります。

ちなみに、
お酒が入ると、さらに饒舌になるので、注意です(苦笑)。

カウンター越しに座って、
お寿司を握る姿を拝見しながらの食事は、
なかなか乙なものです。。

定休日が同じ月曜日ということもあって、
懐具合も気になって(?)、
そう頻繁には行けないのですが、
「やっぱりこれが寿司だよね~!」
という気分を満喫できます。

気になるお値段ですが、
HPで確認できますので、気になる方は検索してください。

あー、お寿司食べたくなってきたな~(笑)。  


Posted by とちの実 at 07:02Comments(2)徒然なもの

2010年08月08日

だるまさんがころんだ

とても忙しくて、
必死に皿洗いをしていたら、
近くまで父がきて、
ピタッと止まりました。

一呼吸置いて、
また動き出して、
ピタッと止まりました。
今度は音声付でした。

「だーるーまーさんがころんだ♪」

この忙しいのに、一人で”だるまさんがころんだ”をして
遊んでいたようです(苦笑)。

また動き出して、
「だるまさんがころんだ」で止まって、
「にっ!」と笑顔を向けてきました。

お父さん、あのね、今ね、忙しいんだよ。。
一緒にね、遊んでる暇はね、ないんだよ。。。

見て見ぬふりをしようとしたけど、
その少年のような笑顔を拒めず、
ついこちらも笑顔を向けてしまいました。

そのあとの自分の中に広がる、
この寂寞感はいったいなんだろう。。

人は年をとると子どもに戻っていくというけれど、
こういうことなんだろうか(苦笑)。

孫ができたら、一緒に遊んでもらおう。
父と(笑)。


  


Posted by とちの実 at 09:18Comments(4)徒然なもの

2010年08月07日

君の名は。。

「君は誰だい?」

「僕かい?
僕は、オクラという野菜だよ。」

「名前はなんというんだい?」

「僕の名前?
僕は、オクラクラオというんだ。
よろしくね☆」

「そうかい、オクラクラオ君かい。
素的な名前だね!
それにしても素晴らしい巻き具合だね。
君のなまめかしいその姿に、
オーッ、クラクラしてしまうよ!」


「僕には二人の妹がいるんだ。
クラコとクラミ。
まだ、僕の巻きにはおよばないけど、
それぞれ自分らしく巻いたみたいだ」

「オーッ、クラコちゃんにクラミちゃん!
クラコちゃんの凛とした佇まいもいいけど、
クラミちゃんの包み込むような雰囲気もいいねぇ。」

「どうもありがとう。
でも、やっぱり、お兄さんの巻きにはかなわないわ。
ねっ、クラミ。」

「そうね。やっぱり、お兄さんは特別ね!
私たちはステキなお兄さんをもってシアワセね。
クラコ。」

「仲の良い兄弟だね。
君たちをみていたら、なんだかもよおしてきたようだよ。。
しばらく、トイレを借りるとしよう。
クラオ君のような巻きを描けるよう頑張るよ!
じゃあ、またね。」

「うん、がんばってね。」
「またねー、元気でね。」
「ばいばーい。」


完。
  


Posted by とちの実 at 09:14Comments(8)野菜のこと

2010年08月06日

葉っぱの日。

カレンダーを見ました。

8月6日、ハムの日だそうです。
8月7日、鼻の日だそうです。
8月8日、笑いの日だそうです。
8月9日、野球の日だそうです。
8月10日、ハット(帽子)の日だそうです。。

昨日に引き続き、数字がらみの記事ですが、
日本人は、語呂合わせが得意な民族かもしれません。。(笑)。

そして、葉っぱの日。
ちなみに、8月8日です。

群馬県榛東村の農caféさんの「農caféの森」にて、

~人工の森をいのちの森へ、、「未来に繋がる森創り!」~
と題して、「きらめ樹体験会」というのが開催されます。

以下、内容の抜粋。

◎日本は森の国です。森は国土の7割を占めています。
自然の森は、生物多様性の宝庫。水を育み、たくさんの動植物を育むいのちの源
です。ところが、今の日本の森の7割近くは、まっすぐ並んで植えられたスギとヒノキ
の針葉樹林で、動物達の食べられる葉っぱも実もありません。
人工の森は、間伐などの手入れをしないと大雨や台風などで土が流れて、土砂崩
れなどの被害にもつながりますが、コストも高く、やむなく放置され、ひしめいてひょろひょろです。

◎きらめ樹とは、日本人が古くから森を管理するために行なって来た皮むき間伐の愛称で、重機やチェーンソーを使わずに、木の皮を剥いて森で立ち枯れさせ、天然乾燥の
木材に仕上げる間伐法で、なだらかな傾斜の場所では、女性や子供でも森に親しみながら森を元気にするお手伝いができます。しかもとっても楽しいんです。

というものです。
詳しいことは、以下にて確認してください。

http://ume.gunmablog.net/


8月。
旧暦では葉月。
何にもまして、葉っぱが生い茂る季節だから、
昔の人は「葉月」といったんでしょうね。。
畑や田んぼは草ぼうぼうのようです。。。

こう暑いと、秋の訪れを心待ちにしてしまいます。

9月。
長月。
秋の夜長が待ち遠しいですねー。。
  


Posted by とちの実 at 08:08Comments(0)徒然なもの

2010年08月05日

『5』日。

今日は、8月5日です。

『5』という数字は、
自分とゆかりがある数字な気がします。

『5』という数字を見て連想するもの、

サードというポジション(笑)。

私は、小中高とバレーボール部でしたが、
大学ではソフトボール部でした。
最終学年のときに、念願のサードのポジションで
試合にでることができるようになりました。

なぜ、サードがやりたかったかといえば、
やっぱり親の影響です。

父が、甲子園出場を果たしたときの背番号は『5』。
サードでした。

なんとなく憧れがあったのです。
「ベースボール型のスポーツをちゃんとやってみたい」
家にあった、グローブとボール。
ときどき、店の駐車場で父や姉とキャッチボールをしていました。
父の投げる球は、取るととても痛かったけど、でもとても楽しかった。

だから、大学では、
ずっとやっていたバレーボールではなく、
ソフトボール部に入部したのでした。

ソフトボール部でのことを書き始めると、
かなり長くなってしまうのでやめておきますが(苦笑)、
とても、濃厚で、思い出がぎっしりどっしりで、
ある意味、現在進行形の関係です(笑)。

ついでに、
私は5人家族の5番目だし、
イケイケ”ゴーゴー”な人間だし、
語(ゴ)に執着するところがあるし。。。

そして、自分の手足を見れば、
5本の指があって、
なんとなく、『5』のつく日は、
『5』という数字を妙に意識してしまったりします。。



そういえば、来月の5日には、
ステキなイベントが開催されます。
これは、先日、いただいた案内のパンフレットです。
店頭においてあります。

ハラミュージアムアークという群馬にある美術館で開催される、
『FARM』という名のイベントです。
F=Food
A=Art
R=Relax
M=Music
というコンセプトだそう。

かっこいいですね。。

オーガニックの食べものや、アート作品、音楽コンサートなど、
いろんなコトが行われるようです。
とちの実は出店していませんが、
出没しているかもしれません(笑)。


今日は、8月5日。
イベントは、9月5日です。

5日。
「ゴーゴー!」(55)
ということで(笑)、
興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

詳しいことは、パンフレットを見ていただくほか、
以下のところでご覧になれます。

FARM Blog http://ameblo.jp/farm-in-arc/  E-mail farm@aglee.jp

会場 ハラミュージアムアーク前庭/エントランスロビー
URL http://www.haramuseum.or.jp

コピーとペーストっていうのが初めてできたー(苦笑)。


今日も暑いよな~(汗)。
ゴーファイト!!  


Posted by とちの実 at 08:20Comments(2)徒然なもの

2010年08月04日

それぞれの道。






 ともに歩むときがあれば、













 ともに立ち止まるときがあり、











 ときには道草を食いながらも、













 それぞれの道を見つけ、












  歩む。












  歩む。






ゆけー!すすめー!がんばれーー!!(笑)  


Posted by とちの実 at 09:18Comments(0)徒然なもの

2010年08月03日

理想と現実

「理想と現実」

よく聞く言葉だけど、
いったい何なんだろう。。

「理想と現実は違う」

これまた、よく聞く言葉だけど、
何気なく使ってしまう自分もいるけれど、
どういうことなんだろう。

本当にそうなんだろうか。
違うなら、どう違うんだろうか。。

理想ってなんだ?
現実ってなんだ?
と思ってしまったのです。

辞書を引くと、”理想”の反対語が”現実”になっています。

理想:①理性によって想像することのできる最上の状態。
    ②そうありたいと思う最良の状態。

現実:①いま現にあるもの、こと。
    ②具体的・客観的状態または境遇。

ここで、今、私が求めているのは、
言葉としての定義なのか??


池田晶子さん著:『14歳からの哲学』という本に、
「理想と現実」という項があったので、
そこから少し引用したいと思います。

「理想と現実とを別のもの、
理想を現実の手の届かないものとしているのは、
現実ではなくなくて、その人なんだ。
自分で理想と現実とは別物だと思っているんだから、
理想が現実にならないのは、当たり前のことじゃないだろうか」

「『しょせん現実はそんなもんだ、理想は理想にすぎないよ』、
そういう人も、最初は理想を持っていたに違いないんだ。
その理想を持ち続けるのを途中でやめてしまったか、
理想を実現する努力を怠けているか、
その言い訳をしているだけなんだ」

「目に見える君の人生や、君の人生を含むこの社会を、
一番深いところで動かしているのは”理想”、
目に見えない観念としての”理想”なんだ」

「君の人生はこの社会に含まれているのだから、
この社会がよりよくならなければ、
君の人生だってよりよくなるわけがないのは当然だ」

「理想と現実とは別物ではない。
君が理想を持っている、それを失うことなく持ち続けている、
そのことだけで、それは十分に現実的な力として、
この世界の根底で確実に働き続けているんだ」


ここまで書いてきて、
なんだか力が湧いてきました。

いま、実際に見えているもの。
現実。
いま、見えてはいないけれども、見ているもの。
理想。

カタチとして見えないものはわかりづらくて、
つい見えるものを求めてしまうけど、
見えないものを信じて、
見えるものにしていく強さがほしいと思いました。

「それは理想だよ」と人から言われても、
自分が望む生き方をしていきたい。
自分が描く理想の未来に向かって生きていきたい。
自分の想いに素直に従って生きていこう。

そう思ったのでした。



理想と現実。

いや、
理想は現実。


私はこんなふうだから、
”自己中”と言われるのかな。。(苦笑)

朝からカタイ話題で失礼しました。。  


Posted by とちの実 at 07:33Comments(2)徒然なもの